MRワゴン 初心者でも出来る値引き交渉術!

 

MRワゴンを少しでも安く買いたい方、新車の値引き交渉が初心者の方に向けたMRワゴン値引き交渉入門編です。

 

この入門編の手順通りに値引き交渉をすると、初心者でもMRワゴンから値引きを引き出すことが可能です!簡単なので是非実践してみましょう。

 

まず最初に営業マンさんと交渉する時は、新車購入をを楽しみながら接するようにしましょう。

 

「このお客さんには是非MRワゴンに乗ってもらいたい」と思わせることが出来れば、値引き交渉でも有利になる事は間違いありません。営業マンさんとは良好な関係を保つようにしましょう。

 

下取り車がある場合には、ディーラーの査定以外にも買取店での査定を受ける事をおすすめします。

買取店の相場を把握しておけば、ディーラーの査定金額が中古車相場に対して適正かどうかの判断が出来ますし、査定額の上乗せの交渉もしやすくなります。

 

下取り車がある場合は、下取り車を最も高く売るには?も合わせてご参考下さい。

 

 

ディーラー初回訪問

 

まず商談するディーラーをリストアップします。

 

MRワゴンのスズキディーラーと競合車のディーラーを複数リストアップします。

 

MRワゴンから値引きを引き出すには、ライバル車との競合が有効です。MRワゴンのライバル車は、ダイハツムーヴ、ホンダNWGN、日産デイズ、三菱eKワゴンなどがあります。これらライバル車のディーラーをリストアップしましょう。

 

さらに経営の異なるスズキディーラー同士の競合も可能です。「MRワゴンVSMRワゴン」の構図ですね。

 

経営の異なるスズキディーラーや隣県のスズキディーラーをリストアップします。近くに経営の異なるスズキがなければ、スズキの新車を販売している中古車店や整備工場などのサブディーラーもリストアップして行きましょう。

 

出来るだけ多くのディーラーと商談すれば、値引きできるディーラーに当たる確率が高くなります。

 

ディーラーの初回訪問は、営業マンさんの方から積極的なアプローチがなければ基本的に値引きの話をする必要はありません。

 

ただ、営業マンさんにはまだ車種は迷っているとしながらも、新車を購入する意思表示はハッキリとしておきましょう。そうすれば営業マンさんも今後本気で商談してくれます。

 

 

新車見積もりで注意すること

 

MRワゴンや他車の見積もりをもらう時に注意する事は、余計なものを含まない見積もりをもらうようにしましょう。

 

メンテパックやコーティング、JAF入会などが入っていると、他のディーラーの見積と比較し難くなります。

 

契約直前では数万円程度のサービス品の要求や、追加オプション・ナビのグレードアップなどを用意して総支払額を変えず契約を迫る方法もあります。

 

「予算はおいくらですか?」などと聞かれても、この段階では具体的な金額を言う必要はありません。もし金額を言ってしまうと、その予算内でまとめられてしまい、値引きの上乗せが効かなくなります。

 

こちらから営業マンさんにMRワゴンの予算を告げる時は、交渉終盤に入ってからここぞと言う時に出す切り札です。

 

予算を聞かれても「安ければ安いほどいい」と返事を濁しておきましょう。

 

 

MRワゴンとライバル車の競合

 

各ディーラーで初回交渉を済ませたら、いよいよライバル車との競合からMRワゴンの値引き交渉をスタートさせます。

 

初回商談の感触から、最も値引きが期待できそうなディーラーほど後回しにしてディーラーを回ります。

 

あるディーラーの値引き条件を次のディーラーへ、そこで出た条件をまた次のディーラーへと、他のディーラーの値引き条件をぶつけて競合させていきましょう。

 

そうして出た値引き条件を、後回しにしている本命のスズキディーラーにぶつけます。その場合も、「車選びにはまだ迷っている」と言う状況で営業マンさんと接していきます。

 

 

値引きと査定は分けて交渉

 

下取り車がある場合は、値引き交渉と同時に下取り車の査定金額の上乗せも交渉していきます。その際は値引きと下取り金額は分けて商談するのがコツです。

 

この段階で「値引きと下取り込みで○○万円です」とやられてしまうと、買取店や他のディーラーの査定額との比較が出来ません。

 

コミコミ表示だと契約してからいざ契約書の内容を見てみると「値引き額も査定額も思ったほどではなかった」なんて事もあるので、値引きと下取り額は分けて商談を進めて行きます。

 

 

交渉終盤にMRワゴン同士の競合を

 

これまでライバル車との競合でMRワゴンから値引きを引き出したら、ここからスズキ同士の競合に切り替えます。

 

「本命はデイズでしたが、妻からMRワゴンの方が良いと言われ、MRワゴンにすることにしました。ただ、デイズも諦めきれないので、申し訳ないのですが他のスズキとも商談してみました。他では総額○○万円まで出てるのですが・・・」

 

などと言って、スズキ同士の競合を煽ります。「他では155万円だが150万になれば契約する」とこちらの希望条件をズバッと伝えると効果があります。

 

他にも最後の条件を提示する時に、多少無理かな?と思う金額を要求する方法もあります。

 

ディーラーの提示額が155万円で総額150万円が希望額なら、それよりも低めで「145万円になれば契約します」などと言ってみると良いでしょう。

 

その条件で快諾してくれたり、間を取って「150万でやります!」となれば見事目標達成ですが、「152万が目一杯です」とか何らかの妥協案を提示してくる事があります。

 

そうなったらそこで決めずに、オプションなどの無料サービスを要求しましょう。

すでに金額的にギリギリまで来ていたら、数万円程度のサービスが通りやすいです。

 

他にも端数のカットや納車時のガソリン満タン、車庫証明費用の手数料カット、購入後のオイル交換サービスなどを付け加えてみても良いでしょう。

 

最終的に自分の納得できる条件が出れば、ハンコを押してMRワゴンの契約となります。

 

 

下取り車がある場合は

 

下取り車がある場合は、最後の最後で査定額がさらにアップする可能性があります。その方法は下取り車を最も高く売るには?で紹介していますので、合わせてご参考下さい。

 

 

スポンサーリンク

PAGE TOP

copyright©2009-2017 スズキ MRワゴンを安く買おう! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com